IT化が進むにつれ可能になる事とは?

検査機器の行く末とIT化の関連性

検査機器とはどうあるべきか?

IT化が進む医療用検査機器

IT化は様々な分野で活用されていますが、医療の分野でもその活躍の場を広げています。

例えば検査機器、従来では検査機器のデータを他の病院で共有するのに手間がかかり、別の病院で緊急に患者を治療する時になってもその人のアレルギーやその他薬の使用歴や身体的特徴等いったデータを一からとりそれから治療に入るため、タイムラグが発生してしまいその間に悪化してしまうケースも多くありました。

しかしこういった医療に使われる範囲でのパーソナルデータを、ネットワークでつながれた各病院のコンピュータで共有する事で、今までよりもはるかに人命を救助できる確率が上がっています。

また医療の先進国のデータも現地に行かなくても共有できるため、IT化は非常に有用な医療システムの一つでもあります。

この他にも医療に使われる備品の効率化にも一役かっています。

というのもIT化が進む前はカルテを一人一人手書きで作成していたため、カルテによっては同じ記入内容であっても自分で書かなければならず手間がかかりました。

しかしこれを電子カルテにする事でカルテをテンプレート化する事ができ、問診時間を短縮してより多くの患者を診る事が出来るようになりました。

またペンタブレットを使用すればボールペン等の各種筆記用具の備品も買わなくて済むため、コスト削減という意味でも医療のIT化の活躍は目を見張るものがあります。

そしてIT化で医療にもっとも影響を与えたのが手術です。

従来の手術は患者と医師が手術室に入り手術をするのですが、手術をロボットが行う事で遠隔操作で手術ができるようなシステムが確立されつつあります。

まだ事例がすくないのですが、近年ではアメリカとフランス間でロボットによる遠隔操作手術が成功しており、このシステムが確立されれば地球上のどこにいても手術を受ける事ができるようになり、多くの人命を救える事になるのでとても注目されているシステムとなっています。