IT化が進むにつれ可能になる事とは?

検査機器の行く末とIT化の関連性

検査機器とはどうあるべきか?

検査機器の歴史

検査機器の歴史で一番ネックとなっていたのが、情報の共有化です。

人はかかり付けの病院の近くだけで怪我や病気になるわけではなく、旅行先や出かけた先で怪我や病気になってしまう可能性もあるため、出先の近くで病院の診察を受ける場合一から検査をしてその人の持病やアレルギー、過去に使用した事のある治療薬の履歴等を調べなければならず緊急を要する治療ではその調べる時間さえ惜しい場合もあり大変危険です。

またコスト面にしても検査代が余計にかかってしまうため、そういった意味でも従来の検査機器は患者のために作られた物であるとは言えませんでした。

しかし検査機器をIT化する事でシステムさえあれば全国で共有化する事ができ、作業の効率化を図る事ができるのでより多くの人命を救えます。

最近ではカルテも電子化されており、テンプレート化されたフォーマットを用意する事でより多くの人を問診する事ができるので、医師が不足している現代に大きく貢献してます。

その上ネットワークでつながっているので、医療先進国の治療データの共有して医療の進歩を促進させる効果もあります。

しかし医療の現場では検査機器だけでなく、治療行為そのものもIT化する動きがみられます。

アメリカとフランスの間で医療ロボットを遠隔操作して手術を成功させるという事例が報告されており、まだ成功事例が少ないのですが、これから成功を積み重ねていけば発展途上国や医師のいない地域に派遣して治療行為をする事さえできるようになるのでとても注目されています。

この様に近年ではIT化は検査機器だけでなく、あらゆる治療行為に有効活用されはじめています。