IT化が進むにつれ可能になる事とは?

検査機器の行く末とIT化の関連性

検査機器とはどうあるべきか?

検査機器関連ニュース

病院の悪いニュースの題名第一位といっても過言ではないほどたらい回しと誤診という言葉、誰でも一度は聞いた事あるこの言葉は医療行為ではあってはならないニュースです。

しかし従来ではそれを解決するだけの技術が進歩しておらず、例えばかかり付けの病院で検査機器を使い自分の体内の健康状態を調べても、そのデータが他の病院と共有化するすべがなく、また院内でさえ他の科のデータを共有できていないほどでした。

しかしIT化の恩恵で、検査機器をネットワークに繋ぐ事で病院内の他の科との連絡だけでなく、設備さえあれば海外の病院ともデータを共有化する事ができるようになりました。

この影響で医療先進国の治療データを閲覧する事ができますし、それを元に新たな治療方法が見つかる可能性すらあります。

よくあるたらい回しにされてその間命を落とすという事例も、まだ開発されてはいませんが全国の病院の混雑状況をモニタリングできるシステムが開発されればより多くの人命を救助できるので、医療の視点からみてもIT化は絶大な注目を集めている分野です。

近年ではこの医療のIT化ブームに乗ってドイツでは医療機関におけるITソリューションが開催されており、多くの医療関係者が訪れて未来の医療技術の見極めを行っています。

さらにアメリカとフランスでは遠隔操作でロボットを操作して手術を行うという事例まで報告されており、IT化の影響は検査機器だけでなくあらゆる医療器材に影響を与えています。