IT化が進むにつれ可能になる事とは?

検査機器の行く末とIT化の関連性

検査機器とはどうあるべきか?

IT化が進むにつれ可能になる事とは?

インターネットの技術革新が進むことにより、医療の現場においてもIT化が進んでいます。

ある患者の地域かかりつけ病院での検査機器(脳波やCT/MRI画像等)によるデータが集約されてデータベース化する中央センター機関が構築されていきます。

この患者のデータを大都市圏の大学病院に転送されて優秀な専門医が閲覧して詳細な診断が可能となります。

この診断結果を更に地域の病院の医師が閲覧して治療方法を確定する事が可能となります。このようにデータが共有されて将来は全国各地の病院の相互ネットワークが実現します。我が国の高齢化社会においての医療は明るい未来へと発展していきます。

このシステムが発展していけばデータの種類が多様化してカルテの共有化もやがて可能となります。

ここまで発展していくと電子化処方箋も可能となります。

インターネットは365日24時間稼働可能なので特に救急医療に対して最も有効な手段となります。

今後の医療発展にはIT化の応用が必須となります。