IT化が進むにつれ可能になる事とは?

検査機器の行く末とIT化の関連性

検査機器とはどうあるべきか?

検査機器とはどうあるべきか?

各分野のIT化が劇的なスピードで推進し始めており、それは検査機器の分野にも及んできています。

元々検査という作業とコンピューター機器の相性は抜群です。

人の目はしばしば誤解を生みますが、IT化された検査機器なら客観的な数値が表示されますので、導入する事でヒューマンエラーによるリスクを避けられます。

また製品や建築物の強度やリスクを数値に換算し、データベースで管理する事が出来ますので、確率論に基づいた対応が整えられ、合理的な業務運営が可能になります。

熟練者でなければ携われなかった検査業務も、IT化が進んだ結果、比較的キャリアが浅い社員が担えるようになり、人件費の削減と業務効率向上に役立っています。

ただ、検査機器のあるべき姿はあくまで人の五感の補完です。

たとえ客観的な数値が算出される検査機器といえども、それが絶対的な指針でありません。

また機械はしばしばトラブルに見舞われる事であり、その計測データが絶対に正しいと思い込んでしまうのは危険です。

人の五感を補助する道具としてがあるべき姿であり、機器がエラー無しと表示していたとしても、人間の感覚が怪しいと感じた製品や建築物は点検する、こういったフレキシブルな運用が肝心です。